水素水には、生活習慣病の要因となる活性酸素を取り除く働きがあります。

水素水の効能

水素水の特徴と概要

今、美容や健康に効果的という事で炭酸水レモン水などがありますが、その中でも女性の間で話題となっている「水素水」です。

 

水素水とは「水素分子が高濃度で溶け込んでいる水」のことを指します。

 

水というのは水素と酸素がくっついて構成されていますが、水素水は通常の水よりも水素の分子が豊富に含まれています。
水素分子には老化現象を促進する「活性酸素」を取り除く働きがあると言われているため、水素水を日常的に飲用する事でアンチエイジングを目指すことが出来ます。

 

水素水に含まれるべき水素分子の濃度については厳密な定義があるわけではありませんが、目安としては「1.57ppm」くらいが理想とされています。そのため、市販の水素水を購入する場合はこの1.57ppmよりも水素濃度が高い商品を選んで購入するように意識する事が大切です。

 

ただし、たとえ水素分子が高い濃度で含まれている水素水でも時間が経つにつれて水素が逃げてしまうため、開封した水素水は時間を掛けずなるべく早期に飲み干してしまう必要があります。

 

 

水素水の効能について

美容や健康に良い事で知られる水素水ですが、その効能についてしっかりと把握している人は少数派だと言えます。
水素水の代表的な効能としては老化防止をはじめとした「アンチエイジング」が挙げられます。
水素水に含まれる水素分子には老化を進行させる原因となる活性酸素を除去する働きがあります。
そのため、日常的に水素水を飲用していれば老化の進行を抑制し、容易にアンチエイジングを目指せるというわけです。
老化の原因となる活性酸素はさまざまな生活習慣病の要因としても知られていますが、水素水を飲用する事でそれらの生活習慣病を予防する事も出来ます。

 

また、近年になって活性酸素が「肉体的な疲労」の原因物質として着目されていますが、水素水を飲む事で活性酸素を取り除けば容易に疲労回復を図る事が可能となります。