レモン水には生のレモンを皮ごと入れると、健康効果や美容効果が高くなります。

レモン水の効能

レモン水の概要と作り方

今、若い女性を中心に密かなブームとなっているのが水にレモンを浸して飲む「レモン水」です。

 

レモンには美容に良いとされているビタミンCが豊富に含まれていますが、レモンを水に浸す事によって豊富なビタミンCがレモン果汁と共に水へ溶け出すので普通に食べるよりも吸収率がアップします。

 

レモン水は輪切りにしたレモンを水に浸すだけなので手間が掛からず簡単に作ることが出来ます。
具体的なレモン水の作り方としては、コップ一杯の水にカットした輪切りレモンを何枚か入れるだけです。
レモンに含まれるビタミンCを多く摂取したい人はレモンを半分にカットしてから丸ごと入れるというのもオススメです。

 

可能であればレモン水は生のレモンを「皮ごと」入れてから飲んだ方が得られる健康効果や美容効果は高くなります。

レモンに含まれる「ペクチン」と呼ばれる食物繊維には便秘解消や腸内環境の正常化といった効果が期待できますが、このペクチンは皮の部分に多く含まれているのでレモン水を作る際には皮ごと浸すのがポイントとなります。
ちなみに皮ごとレモン使う場合は農薬が残っている可能性もあるため、必ず水洗いをしてから水に浸した方が安全です。

 

 

レモン水の効能について

レモン

レモン水にはさまざまな効能が認められていますが、最も有名なのは「消化促進効果」です。レモン水を日常的に飲用しているとレモン由来の成分が消火器系の働きを助けてくれるため、胃腸の動きが活性化されて消化が促進されます。

 

また、レモン水を飲むと消化に欠かせない「胆汁」の生成が活発になると言われています。そのため、普段の食事で消化不良を起こし易い人や胸やけを起こし易い人はレモン水が特にオススメです。

 

レモンに含まれる豊富なビタミンCには美容効果だけでなく「免疫力をアップさせる効果」があるため、レモン水を日常的に飲んでいると病気になり難くなると言われています。