寝起き後に水を飲む習慣をつけると、体内環境が整えられるので体調が良くなっていきます。

朝起きたらまずお水

目覚めた直後の身体の状態

私たち人間は睡眠を取る事によって体内のホルモンバランスを調整したり肉体的、精神的な疲れを取り除いています。
睡眠中の身体は多くの汗をかいているため、必ず寝起き直後は水分不足に陥ってしまいます。
そのため、朝目覚めたらすぐにコップ一杯のお水を飲むように心掛けることが大切です。

 

朝、目覚めてすぐにミネラルウォーターを飲むと乾いた身体に対してすぐに浸透するため、これを習慣にして続けていくと体内環境が整えられるので体調も良くなっていきます。
睡眠中は体内でさまざまな活動が無意識的に行われていますが、これらの体内活動には大量のエネルギーと水が必要となります。
そのため、寝起き直後の体内では水分が著しく不足しており、血液がドロドロの状態になっているのです。
こうした状態から脱するためには朝起きたらすぐにコップ1~2杯の水を飲んで水分を補給する事が大切です。

 

ちなみに水を飲んでから体内に吸収されるまでに要する時間はおよそ「30分」だと言われています。

 

 

朝起きた直後に行う水分補給の効果

朝目覚めた直後にコップ一杯の水を飲むと健康に良いという話をよく耳にしますが、その具体的な健康効果について詳しく知る人は残念ながら少数派だと言えます。
睡眠中の身体は無意識下での体内活動を支えるために大量のエネルギーと水分を消費しています。
その為、寝起き直後の身体というのは極度の水分不足に陥っているので朝起きたら何よりもまず「水分補給」を行う必要があるのです。
寝起き直後の乾いた身体というのは水分を吸収しやすい状態になっている為、寝起きにコップ一杯の水を飲むだけで簡単に浸透して身体の状態をリセットする事が出来ます。

 

また、寝起き直後に水を飲む事によって胃腸に反射が起こり、前日までS状結腸に留まっていた便がスムーズに移動を始めます。
その結果として便意をもよおすので朝に水を飲むという行為は「便秘を解消する効果」があると言えます。