汚れた食器は手で洗うか洗い機で洗うべきか迷う方へ

あっちの方法で食器を洗う方が節約になっていた

食器洗いに関して

 

汚れた食器は手で洗うべきか、はたまた食器洗い機で洗うべきか。
非常に悩むところです。
私は住まいを変えるたび、そのつど手洗いにしたり食器洗い機を使ったり
両方とも経験してきました。
でも食器洗い機の中でばしゃばしゃと騒々しい音を立てる大量の水を見るにつけ
長年にわたり”手洗いの方が地球にはやさしいはず”と、信じ込んでいました。
けれどもテクノロジーの進歩に伴って、最高品質の食器洗い機なら
手洗いよりも使用する水はずっと少なくてすむのです。
たとえば12人分の食器を洗う場合、手洗いだと40リットルの水を使うのに対して
食器洗い機ならほんの16リットルしか必要ありません。
もし『手を濡らすのはちょっとね・・・』とおっしゃる方なら
幸い今では地球に優しい食器洗い機が選ぶに困るほどたくさんありますよ。
もちろん配慮しなければならないのは、食器洗い機が実際に使用する資源だけではありません。
食器洗い機の製造段階や店頭へ運ぶ過程においても
たくさんの水とエネルギーが消費されています。
全体的に見ると、手洗いでも環境にやさしいルールを念頭にとめて洗えるなら

ずっといいかもしれませんよ。

 

 

エコ式手洗いのすすめ

 

手洗いの場合、熱すぎるお湯で洗うのは避けてください。
地球にはもちろん、あなたの手にもよくありません。
おまけに、グラスにヒビが入ってしまうおそれも。
わたしもヴィンテージものの食器や色つきのグラスを軽率にも熱湯につけてしまったせいで
そのうちの何個かにさよならした覚えがあります。
くれぐれも『水道から水を流しながら洗いたい』という衝動は抑えてくださいね。
ちょろちょろと水を流すだけでも1分間で約5リットルもの水を無駄にしてしまうのですから
手洗いのメリットはかなり減ってしまいます。
洗剤もなるべく環境に優しい液体洗剤を使って
少しでも有害な残留成分が流れないようにしましょう。
もし”すすぎが大切”と思っていらっしゃるなら
すすぐ食器を全部シンクに積み上げてから、グラス2杯分のきれいな水をゆっくりと上からそそぎましょう。
こうすると一つずつすすぐ間に30分間もの水を流し続けるよりは、すすぎの水がぐんと少なくてすみますよ。

 

 

食器洗い機は満載に

 

食器洗い機の場合は、汚れた食器を満載にして回すときが一番有効活用できます。
電源を入れる前にいつも、ほかに洗う皿やカップがないか、家中を探してまわりましょう。
そうすれば環境にやさしい、最高の実績が可能になります。
それから二度洗いは絶対にしないでくださいね。
食器洗い機にいれる前に水道水で皿をすすぐのは
水の無駄以外のなにものでもありません。
すすぐ代わりに食べ残しを拭き取ってから、食器洗い機に入れましょう。
もちろん拭き取った食べ残しはゴミ箱よりも
堆肥貯蔵容器に入れてもらえるほうが理想的なのですが・・・。

 

 

 

その他の節水方法