家庭で使う水の消費量30%はトイレが原因

水を流すごとに使用量を減らせるグッズをご紹介

トイレの水

 

家庭で使う水の消費量、その30%はトイレが原因です。
そう聞いても驚く方はいないと思います。
わたしたちは各人が年間千回以上、トイレで水を流します。
ですから、きちんと気をつければ、トイレは大幅な節水も夢ではない場所なのです。
水を流さないのは、選択肢にはいれていません。
もっともあなたが『大なら流すけど、小ならそのまま』というルールを実施させていれば、話は別ですが。
いずれにせよ、水を流すごとに使用量を減らせる新しいグッズがたくさんあります。
トイレは絶対に、ゴミ箱代わりに使わないでくださいね。
自然の排泄物とトイレットペーパー以外の物を流すのは水の無駄遣いというだけではありません。
配管や下水処理場の詰まりの原因にもなりかねないからです。
でも、そうなる前に野生生物を危険にならすおそれも。
絆創膏や綿棒、ティッシュペーパーにコンタクトレンズそれに生理用品はきちんと包んで
トイレではなくゴミ箱に捨てましょう。

 

 

節水用アイディア商品

 

まかり間違っても大昔のアドバイスには従って、貯水タンクに煉瓦を入れたりしないでくださいね。
煉瓦は時間がたつと壊れて、研磨粒子をまきちらしてしまいます。
あげくの果てに結局はトイレの構造全体にダメージを与え、悲惨な水漏れの原因にもなりかねません。
もし大型の古いトイレをご使用の場合は、貯水タンクに最新のアイディア製品を取り付けてみてはいかがですか?
トイレの水を流すたび、かなりの水が節約できますよ。
わざわざ節水製品を買わなくても、お手持ちの品で間に合わせることもできます。
1リットルのペットボトルを水で満タンにしてからフタをきちんと閉めて、貯水タンクにおいておきましょう。
中に気泡が入っていないか、ペットボトルがタンクの中で浮いていないか、その2点だけはご確認ください。

 

 

水漏れは修理して

 

貯水タンクと便器の間の水漏れもまた、水の無駄をてきめんに増やします。
水漏れが本当にひどい場合は、便器の裏に滴りおちる水が肉眼でも見えるでしょう。
それよりも程度が低い水漏れなら、探偵まがいのちょっとした調査で発見できますよ。
まずは貯水タンクに食品用の着色剤を数滴ほど落としてみましょう。
1時間か2時間後に便器に色がついていたら、水漏れの動かぬ証拠です。 早速、配管修理を頼んでください。

 

 

流すのは生活排水で

 

水を飲料水レベルにまできれいにするには、かなりの努力が必要です。 水の処理施設でさまざまなプロセスを重ねる間に、エネルギーはもちろん化学薬品もどっさりと使われます。
にもかかわらず、平均的な一般家庭で飲料用、もしくは調理用に使われる淡水は全体の4%にしかなりません。
淡水のほとんどが、飲料水としての品質は無用の目的に使われているのです。
生活排水は雨水や、食器洗いなどにしようしたあとの水をいいます。
そのため、きれいな水でなくてもいい場合に利用できるのです。
たとえばトイレの水がそうです。
家庭用の生活排水システムは多岐にわたっています。
シンクから集めた水をトイレで再使用するための簡易式のポンプから
雨水と排水を集めて浄化処理を施したのちにパイプで送るという一連の作業を行うシステムまで、実に様々です。
将来新築住宅には、家庭で生活排水を再利用する精巧なシステムが組み込まれるようになるでしょう。
家の新築やバスルームを修理する場合は、なんらかの形で生活排水を利用できるチャンスがないか確認してみてくださいね。
トイレにきれいな水を使わなくてもすむようになれば、大量の節水が約束されたも同然ですから。

 

 

 

その他の節水方法