貴方は自分を洗うために使う水が多いことをご存じですか

自分の洗い方の習慣を改めるだけの節水法を公開

わたしたちが自分自身に使う水

水の節約はとても大切です。
家庭で一番水を無駄にしている場所ときいたら、たぶん真っ先にトイレを思い浮かべるのではないでしょうか?
でも実際には、トイレは第二位なんです。
実は、わたしたちが自分自身を洗うために使う水が、家庭での水の供給の約1/3に相当するのです。
自分自身を洗うというのは、手洗いに歯磨き、シャワーやバスタブでの入浴です。
こうした行為は資源の大きな無駄にもなってきます。
というのは、蛇口から水を流すだけで1分間に20リットルもの水が下水管に流れるからです。
まずはもうちょっと便利な付属品を取り付けたり、洗い方の習慣を改めたりするだけで簡単にできる節水方法をご紹介します。

 

 

バスタブよりもシャワーを

 

バスタブにお湯をためた場合、平均して100リットルもの水を使います。
一方、シャワーで手早く済ませると、30リットルしか必要ありません。
となればシャワーは、本当に手軽な日々の基本的な節水方法になりますよね?
ソーラーパラソルで給湯すれば、確かにエネルギーの節約はできるかもしれません。
それでもまだバスタブでの入浴は、かなりの水が無駄になります。
バスタブに水を張るのは、特別な機会だけにしませんか?
たとえば、キャンプ旅行から帰宅したときなどでしょうか。
普段は代わりにシャワーで済ませましょう。

 

 

新しいシャワーヘッド

 

多くのご家庭で、パワーの強いシャワーが好んで使われています。
こうしたシャワーは、シャワーヘッドから出る水量を増やすために電動のポンプを使っています。
シャワーの下に数分間立っているだけで、バスタブでの入浴と同量の水を使っていることに。
現在ご使用中のシャワーがどんなタイプであれ、水の使用量を半分以上も節約することができますよ。
それもただ単に節水型のシャワーヘッドに交換するだけで、シャワーの浴び方自体は同じです。

 

 

蛇口はきちんと

 

蛇口からぽたぽたと水が漏れはじめたらすぐに、水漏れ修理を頼むべきなのは言うまでもありません。
蛇口の水漏れで無駄になる水の量を知ったら、きっとびっくりしますよ。
1秒でたった1滴、水が滴りおちているとしましょう。
それでも合計すると、年間1万5千リットル以上もの水を無駄にしている計算に。
となれば、蛇口から水がちょろちょろと流れつづけているとしたら
下水管に直行する水はなんと10万リットルにも及ぶのです。
蛇口から水を流しながら両手を洗うだけでも、大量の水を無駄にすることになります。
両手をきれいにするには、実際には流水のほんの一部しか必要としないからです。
蛇口を完全に開けた状態だと水圧が加わって、1分間に20リットルもの水が出ます。
けれども上手に洗えば、1分間に6リットルの水で十分きれいになります。
一度両手を洗う時に水量を少なくして、ご自身で体感してみてください。
とはいえ、蛇口から出す水量を少なくする癖を身につけるのはなかなか大変だと思います。
自動的に節水ができるよう”流量制限器”を購入してみてはいかがでしょうか。
蛇口の先に取り付ければ、自動的に水量を制限してくれますよ。
あるいは節水型の蛇口に取り替えてはいかがでしょうか。

 

 

その他の節水方法